備忘録ゼノブレイド『穏やかじゃないですね』

b0218972_0464718.jpgb0218972_2311314.jpg



     ゼノブレイド

  神の在り方と人の在り方







壮大なスケール。
広大なフィールド。
雄壮たる大地を駆け、シュルク達は
自ら大いなる危機へと立ち向かう。



久々です。王道のJRPG。そしてゼノシリーズ。
いわばこれはゼノギアスリベンジ。
設定資料に頼らず、ゲームの中でも十分語りつくすほどに
詰め込んだ重厚なボリュームが魅力。
フィールドを、どこまでも自由に駆けまわれる楽しさがありました。





「穏やかじゃないですね」

 このゲームの魅力にサブイベントの多さ、というものがあります。
 基本的にお使いイベントなのですが、これを進めていくことによって
 住民との信頼度が上昇し、重要な依頼、もしくはイベントが発生します。

 中には重要な設定が解放され、新装備が手に入ることも…
 ちなみにこのセリフはシュルクが依頼を聞くときによく言うセリフです。
 いまいち緊迫感に欠けてるんですけどそこがまたシュルクらしいかなって思ったり
 妙に定着しちゃいましたねぇ。まったく、穏やかじゃないですね

→いつの間にかめっちゃ定着してて吹いた。
 スマブラ参戦したときももはや定番ネタになってた。(2015.3.1)


「ああ、立つさ
 そしてお前の心が汚れ歪んでしまったのなら、それも断つ!」


 ダンバンさんマジ英雄。
 雪山にて嘗ての戦友と対峙し、そこでかつての友を斬る。
 ゼノブレイドのイベント人気投票で一位を獲得したとか。
 無理もありません。
 ここのダンバンさんは本当にかっこいい。
 ここで何気に疾(スピード)か機(エンチャント)の
 モナドがかかっていたのかな

 何気に両手爪のムムカの猛攻を利き腕ではない左腕のみで受け切り、
 一撃で斬り伏せるダンバンさん。
 絶頂期はどんだけ化けもんだったんだろうか……。

 だけどそこがいいですね。
 その良さが認められるほどに受け入れられている良いキャラです。


 ちなみに個人的なお気に入りイベントは
 疾のモナドが初めて解禁されたゾード戦。

 全員ニュータイプみたいな戦いぶりでしたよねアレ。
 アレが戦闘中では普通に繰り広げられていると思うと


「僕は決めないよ」

 神との決別。
 それによってシュルク達の世界は新たな段階へと進みます。
 管理者である『彼ら』がどうするのかは知りませんが、
 シュルク達は自分達の意思で歩んでいくことでしょう

 黒幕ポジ裏切りポジと散々言われていたアルヴィースも
 最期まで良い人どころかゾハルのカドモニ、だったのかな。
 良いヤツでした。エンディングの彼は物語に最高の〆でした。
 統合存在さんでしたか。


 ただ、個人的には、「神を否定して僕らは自分の意思で歩く」というゼノに
 ありがちなシナリオに限界が見えたかなって思いました。
 ちょっと食傷といってもいいかも。まぁ我がままですね


 ぜひプレイしてほしい一作です。


[PR]
by tuyuri_felnar | 2011-05-02 00:05

漫画やビデオゲームのライティングや小説執筆等を中心に活動してます。


by ななくさ つゆり