ちゃんと名前で呼びましょう

b0218972_23423658.jpg


ドーナツが世界を救った…


           



            のか?




スパロボNEOの……正ヒロイン!シャルさんです

この文句言いながら微妙に照れてる感じがいかにもシャルさんですね
「フルネームはシャーリィ・ルノイエだが誰もがシャルと呼ぶ」という設定を失念しないように



【設定BGM:アニメ版パワーストーンED『かわいいんじゃない』 】
 いえ、決してタイトルだけで決めたわけでは…




ふぅん…ドーナツっていうの
…もぐもぐ……もぐもぐ……これは!


スパロボNEOのストーリーは、シャルがエルンスト機関からアームドファントマをかっぱらうところから始まります
それが後の大騒動の口火を切ることになるのですが…いやはや豪胆な少女?(主人公の駆くんよりひとつ年上の19歳!)ですね
そして駆とシャルの次元を超えた(笑)出会いは東京で空腹のシャルとばったり出会うことから始まります
いまどき珍しい出会い方です。運命の導きとか、宿命とか、陰謀とか関係ありません。偶然も偶然。そして偶然買っていたドーナツを偶然空腹だったシャルが気に入り、そのまま戦いになることによって偶然が因縁めいたものになっていきます。そしてお互いの関係が無意識のうちに縮まっていく
主人公として王道だった偶然から始まる物語。それを地で行く二人です

にしてもシャルはこの世界の通貨も持たずにやってきてどう生活するつもりだったんだろう。そんなに気軽に行き来できるのかなぁ。エルンスト機関おそるべし


え…この服、そんなに変…?

b0218972_074991.jpg
 こんな格好です










そりゃあ…こんな格好で東京を歩き回っていたのなら…ですねぇ
周囲の人々はジロジロ見てるわ、ゆいもまいも「まぁ、スタイルがよくないと着こなせないわよ」という寂しいフォローをする中で唯一、駆が「いいんじゃねぇか。似合ってると思うぜ」とひとこと。真顔で平気でこういうセリフをさらりと言ってしまうあたり駆くんからはなかなかのフラグ建築士の気配がします。そして天然故に建てたフラグがぐんぐん無意識のうちに膨れ上がって折れないんですね、これが。

お互い一図だからラストで幸せになれました。にしても次元を超えた押しかけ女房か…シャルさんすごいな


敵として対峙したシャルも、イオニアと共に戦っていくにつれてアームドファントマの使い手としてしか見ていなかった天音と駆に、少しずつ関心を寄せていきます。そして天音がある原因でグレて兄の下から去り、大きな敵として現れた時、天音を救うために仲間と共に死力を尽くすのでした
グレた天音のおかげで珍しく凹んでしまった駆にはっぱをかけたり、天音不在のイオニアを制御しながらメルヴェーユで戦いを仕掛けるという離れ業をやってのけたり、地球を守るために彼女も全力で戦っていました

そして全ての決着がついた時。彼女もまたひと段落して自分というものを仲間と共に見つめ直すのです
その結果あの衝撃のラストへと繋がるわけですが…。いやぁ駆は両親が家に帰った時にどう釈明するんでしょうね

まぁ問題ないか。だって青空町の住民だもの。異世界からやってきたお嫁さんくらい、ねぇ。どうってことないですよね。だって青空町の住民だぜ



いずれにせよ、ドーナツがなければ駆とシャルの関係も始まらなかったのかもしれません。ドーナツは偉大!ドーナツはすごい!

…え、アームドファントマがある限りいずれ会ってるって?細かいことは気にしちゃいかんですよ
[PR]
by tuyuri_felnar | 2011-05-07 00:50

漫画やビデオゲームのライティングや小説執筆等を中心に活動してます。


by ななくさ つゆり