リュウセイだってたまには遠くを見ることもある

b0218972_2473933.jpgb0218972_0162936.jpg

   


   浅草のアズマ研究所です






ジャーダとガーネットが子どもを連れて訪れました。
アズマ兄妹は双子の顔を見て、二人と他愛のない話をして

その様子を聞いたリュウセイは、どこか想うところがある様子…








【設定BGM: kokia 『空に太陽、あなたにわたし』】






ガーネット「はーい、こっちむいてー。あばばばばー」
ジャーダ「父ちゃんだぞー。ほら、いないいない、ばぁー」
コウタ「かっかっか。もうすっかりオヤジだなぁジャーダさんも」
ショウコ「ちょっと!お兄ちゃんたらさっきから失礼でしょ!」
ジャーダ「なぁに。コウタも結婚して子どもを持てばわかるさ」
コウタ「自分がオッサンになった瞬間がか?」
ジャーダ「オッサンっていうかお父さんだな。
      良いもんだぞ、お父さんってのは。最高だ」
コウタ「そんなもんなのか?」
ガーネット「コウタがお父さんかぁ、その時はこの子達も
       ショウコくらいにはなってるかな?」
ジャーダ「いいや、案外早いかもしれねぇぜ。なんせ江戸っ子だからな」
コウタ「え、江戸っ子は関係ねーだろ!冗談じゃねーやこんちくしょうめ」
ショウコ「こんな威勢ばっかりのだらしない兄を貰ってくれる人が
      この世にいればいいんですけど…」
コウタ「お、お前実の兄をそこまで言うか!」
ショウコ「間違ってないでしょ!私がいなかったらお小遣いの管理も出来ないのに」
コウタ「ぐっ…」
ジャーダ「はっはっは。このようすじゃもうしばらく先の話だな!」
ガーネット「ところでショウコはそんな話はないの?」
ショウコ「そんなこと、考えたこともなかったです」
ガーネット「あら、そうなの?勿体ない。お母さんになるって、いいことだと思うわよ。
       すっごい責任も伴うけどね」
ショウコ「うん…きっとそうなのかも。
     でも、まだまだ私にはすっごく遠い話のようで…あんまりピンとこないかな」
ガーネット「私もこうして母親になったんだけど、これからこの子達が大きくなって、
       もっとシャンとした母親としていられるかって思うと、まだわかんないかも」
コウタ「ふぅん」
ガーネット「だけど、その為の心の準備くらいはしてるつもりよ。
       いずれは怒ったりとかするようになるんだろけど……今は無理ねぇ。
       かわいすぎるもの。はぁーいいないいないばぁー」
ショウコ「良いお母さんだと思います」
ガーネット「ふふ、ありがと。じゃあショウコちゃんは、まだまだ先になるのかな」
ショウコ「そうですね。少なくとも、お兄ちゃんがこんなだらしない間は
      安心してお嫁にも行けません。ふふ」
ガーネット「だってさ。妹のためにもしっかりしなさいよ、お兄ちゃん」
ジャーダ「そうだぜお兄ちゃん。妹にオシメ替えてもらうようにはならないようにな」
コウタ「ぐぐッ…結局俺が説教されるのか」






リュウセイ「……」
アヤ「どうしたの?リュウ」
リュウセイ「ん…いや、なんでもねぇ」
マイ(リュウ…?)
ライ「気になるのか?」
リュウセイ「え?」
ライ「思いだしていたのだろう。お前の母親のことを」
マイ「え、そうなのか?」
リュウセイ「…お前さぁ、なんでわかるの?ひょっとしてエスパー?」
ライ「お前がそういう塞ぐような表情をする原因はそう多くない。
   素直に感情を顔に描いてしまう男だからな」
リュウセイ「……まぁ、そう言われるとなんともいえねぇけどよ」
マイ「じゃあ思いだしていたのか?その、お母さんを」
リュウセイ「ああ。まぁ、ちょっとだけな」
アヤ「もうずいぶん会ってないんじゃないの?」
リュウセイ「いや、そんなことはねぇよ。
       この間も休暇を使って会いにいったさ。たまには顔を見せねぇとさ」
アヤ「感心ね。お母さんはなんて言ってたの?」
リュウセイ「いつもと一緒だよ。元気か。ちゃんと飯は食べてるか。
       変に体調を崩したりしていないか。隊のみんなに迷惑かけてないか。
       あんまりだらしない生活してちゃダメだって……。俺、軍隊にいるんだけどな」
アヤ「素敵なことじゃない」
リュウセイ「そうなのかな。それで、自分のことで何か悩んだりつらい事があったら、
       いつでも相談しろって言われて、お母さんは多分その気持ちをわかって
       あげられるからって、そう言ってた。どういうことかわかんねぇけど」
マイ「……」
リュウセイ「そして元気になったら隊のみんなにお礼を言いに行きたいって言ってたよ。
       元気だった。少なくとも俺の前では」
ライ「そうか」

リュウセイ「俺なんて、少しでもお袋が元気になればと思って顔見せに行ったのに、
       逆に励まされて帰ってきちまった。
       情けないよな。俺なんかよりお袋の方がよっぽどつらいはずなのによ」
マイ「リュウ……」
アヤ「…良い、お母さんね」
リュウセイ「そうだな」
ライ「これからも定期的に見舞いに通うのか」
リュウセイ「伊豆基地にいる内は、こまめに会いに行こうと思ってる。
       戦いが始まれば、次はいつ会えるかわかんねぇから」
アヤ「そうね」
マイ「なぁ、リュウ」
リュウセイ「ん?」
マイ「その……リュウのお母さんは、とても良い人なのだな」
リュウセイ「おう、そう思うぜ。ただ怒ると怖いんだ、これがまた。なはは」
マイ「あの、なんというか…会って、みたいな」
リュウセイ「お、そうか?じゃあ今度一緒に行くか」
マイ「! い、いいのか?」
リュウセイ「当然だろ。喜ぶぜ。紹介するのが楽しみだ」
マイ「じゃ、じゃあ…!」
リュウセイ「いつ行く?そうだ!じゃあどうせだからみんなで行こうぜ。
       迷惑にならない人数でよ」
マイ「え」
アヤ(ほんとこの子ったら…)
ライ(マイが不憫だ…)
リュウセイ「どうせだからラトやリョウトとかも誘ってだな…」
マイ「え、ラトも?」
リュウセイ「ああ。その方が楽しいぜ」
マイ「あ、う、うん。そうだな」
リュウセイ「そんでよ。そのあとはみんなでパーッとゲーセンに乗り込んでだな」
ライ「流石にそれはお前らだけで行け…」
アヤ「お願いだからもっと華やかなところに連れてってあげて…」




そういえば、明確に母親がキャラで出てきてるスパロボオリは…案外少ないですね。父親は結構多いですが
[PR]
by tuyuri_felnar | 2015-01-01 00:11

漫画やビデオゲームのライティングや小説執筆等を中心に活動してます。


by ななくさ つゆり