梅雨です

b0218972_2473933.jpgb0218972_13544642.jpg


    梅雨入りしましたね


 少々梅雨冷え感のある土曜日




そんな中で彼らはどのようにゆったりと過ごしているのでしょう





【設定BGM:ゼノブレイドより『コロニー9 -夜-』】




シャル「せっかくの土曜日なのに雨ねぇ…」
駆「梅雨入りしたんだ。仕方ないさ」
天音「入梅っていうんだよ、こういうの」
シャル「ふーん。これからずっと雨なの?」
駆「絶対ってわけじゃねぇが…それでもしばらくは雨が続くだろうぜ」
天音「今年は気温が低いみたいだから、
   梅雨もいつもよりひんやりしてすごしやすいよ」
駆「そう。
  だから、今年は体を冷やして風邪をひかないように気をつけないとな」
シャル「でも、そんなに窓開けちゃダメよ。湿気を家に呼びこんじゃうから。
    で、その梅雨が明けたら本格的に夏の到来ってワケね」
駆「そういうこと。まぁ充電期間だな。夏へ向けた」
天音「僕は夏より少し冷えてる今くらいがちょうどいいなぁ」
シャル「ていうか今日はちょっと寒いわよ。本当に5月の月末かしら」
駆「俺はこういう少し冷えた雨の中を歩くのも好きだ。
  だけど、今日くらいは家でゆっくりしてようぜ」
シャル「そうねぇ…。まぁお外で遊ぼうって気分にはならないわよね」
天音「ねぇ、窓開けていい?涼しいんだ、こういう日」
駆「5分だけな。あんま冷たい風浴びると風邪ひいちゃうから」
天音「うん」
シャル「じゃあ駆、たまにはうちの掃除手伝ってよ」
駆「え?あー…まぁいいぜ」
シャル「ていうかアンタの家でしょうが」
駆「そうでした」





テツヤ「気圧配置の最新情報は来たか?航行に支障はないか」
エイタ「はい。今のところは」
テツヤ「入梅の報が入っている。気圧が不安定になる時期だ。
    操艦にはいつも以上の正確さを以て取り組むように」
アヅキ「はい」
エイタ「まぁこの艦にいれば梅雨もあんま実感ないですけどね」
アヅキ「そうですねぇ。空調も一定温度、湿度に調整されていますし」
エイタ「むしろ雨が外装の汚れを落としてくれそうな気が…」
テツヤ「砲門が浸水したらお前たちが清掃をやってくれるか?」
エイタ「思い違いでしたすみません」
アヅキ「あはは…」





ショーン「日本の空は少々荒っぽいですな」
レフィーナ「ええ。空を飛ぶ戦艦にとってこれほどの脅威はありません」
ショーン「ふむ、そよぐ風も一度荒ぶれば、
     これほどの艦も簡単に揺さぶってしまう。
     自然とはおそろしいものですなぁ」
レフィーナ「宇宙にはない脅威ではあります。
      それでも爆弾低気圧さえ避ければ特に問題はないはずです」
ショーン「多少の揺れは我慢してもらいましょうか」





一鷹「……」
アリス「どうしたんですか、一鷹さん」
一鷹「ん?なんでもねぇよ」
アリス「この雨の中に軒下で椅子に座って一人佇んで
    なんでもないはないですよね。少々問題だらけです」
一鷹「いやぁ…涼しいなって思ってただけだよ。
   網戸越しってのもいいけど、この時期の湿気は半端ねぇから」
アリス「ちょっとナーバスですか?」
一鷹「ちゃうちゃう。落ち着いていたいだけだよ」
アリス「んー、そうなんですか」
一鷹「ここってさぁ、紫陽花もう咲いてる?」
アリス「探せば咲いていると思いますよ」
一鷹「そっかぁ。もう少しして探してみるかな」
アリス「あ、ありました。ここから十時の方角に216.27メートル」
一鷹「…相変わらずすげぇな。ってか博士ん家って本当に広いな…」
アリス「風情がなくてすみません」
一鷹「いやいや、後で見に行こうぜ」
アリス「はい」






アヤ「リュウも体を冷やさないようにね」
リュウセイ「子どもじゃねぇんだから大丈夫だよ」
ライ「馬鹿と子どもは風邪をひかん。
   両方を兼ね備えているお前にその心配は全くないな」
リュウセイ「ひでぇ」

[PR]
by tuyuri_felnar | 2011-05-28 14:02

漫画やビデオゲームのライティングや小説執筆等を中心に活動してます。


by ななくさ つゆり